次回の企画展 Next Exhibition

-

古布の風合い... 幽玄の世界を求めて

香織里流 重田倫享 押し絵作品展

香織里流とは?
押し絵は、古くは奈良時代に宮中の女官たちの楽しみとして生まれ、その技法は多彩な日本文化として引き継がれてきた。古布を活かして浮世絵をはじめ優雅にして風情溢れる時代風景を作品に表現している。香織里流は重田倫亨が家元として伝統を守り現代に伝える普及活動を展開している。

開催情報 チラシPDF
開催期間 2020年10月15日(木) 〜 11月15日(日)
会館時間 10:00〜17:00(最終入場16:30)
休館日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は会館。翌火曜が休館・0月00日、0月00日、0月00日)
入館料 一般・大学生・高校生600円 / シニア・団体500円 / 小・中学生 無料 年間パスポートについて
主催 一般財団法人今岡美術館〈共催〉出雲市、出雲市教育委員会〈後援〉島根県、島根県教育委員会、日本海テレビ、TSK山陰中央テレビ、BSS山陰放送、山陰中央新報社、 産経新聞松江支局、中国新聞社、読売新聞松江支局、毎日新聞松江支局、朝日新聞松江総局、島根日日新聞社、エフエム山陰、エフエムいずも、出雲ケーブルビジョン(申請中)